競馬 たった3日間で6万円を150万9120円にした投資術 > 過去ログページ
「競馬で負けた記憶がない男」的部駿一郎、待望の新作がついに登場
2016年06月07日

【当たる競馬予想】王道の馬券購入術で、負けない馬券戦略とは?

【当たる競馬予想】王道の馬券購入術で、負けない馬券戦略って本当にあるの?
競馬に勝っている人は、例外なくレースをしぼっています
いかに勝負レースをつくるかですが、
ただこれが 1 日 1 レースでは
競馬好きの人にとっては酷な話ですよね。

現在、私は 1 日 3 レースをメインに購入をしています。
そこから、予算もサラリーマンであれば
1日に投下できる金額もおのずと決まってくるでしょう。

今は馬券の種類も多く、
配当に目を奪われ色んな券種を買ってしまうこともあります。
まずは、このマイルールに基づいてしっかり購入することです。

予想に関しては、ある決められたファクターを中心にみていく。
色んなファクターをみているときりがなくなりますので、
特定のファクターで通用するレースを多く選択する事が重要です。


【救済馬券セオリー2】藤崎優哉の負けない馬券戦略

よく「予想上手の馬券下手」という言葉があるように
最後の馬券でうまく買わないと、
結果、配当にありつけないことになります。

個人的には好きでよく読みますが、
夕刊ゲンダイの週末に「止まり木ブルース」という
有名な馬券小説が連載されています。

ここでその週のメインレ−スの予想がなされていますが、
よく馬券の選択で外してしまうような話がでてきます。

皆さんも馬券の種類で悩んだことは多いのではないのでしょうか。

私の最終的にだした結論は「3連複」になります。
複勝が一番的中はしやすいが配当は安い、
3連単の配当は、高いが的中しにくいというのが馬券の根本です。

であるならば、配当と的中のバランスの良さから、
3連複という結論になりました。

ただ当然、選ぶ頭数が増えれば的中率は高まるが
賭ける金額もそれに準じて増えていく。
逆に点数を減らせば、それだけ的中は少なくなり、
本命になる傾向も高くなる。

その辺を勘案して何点買いで、
どういう賭けかた(フォーメーションや軸何頭など)
をするのが一番効率が良いのか
ということを教材に書かせていただいています。

私自身この買い方に変更して
2年間で、かなり的中率が上がりました。
また競馬で負けることがほとんどなくなりました。

この救済馬券セオリー2を知ることで、
今まで負けていたあなたの収支や的中率が上がる可能性が高まり、
万馬券を的中させることも珍しい事ではなくなってくるでしょう。

【救済馬券セオリー2】藤崎優哉の負けない馬券戦略

どのレースを買い、どのレースは買わないのか?

馬券の効率的な購入点数とバランスよく買うための方法、
見送ったほうが無難なレースの見極めポイント
競馬におけるグレードと勝負レースの差別化

騎手の情報とその比重、切り捨てる騎手のポイント
ねらい目の乗り替り、消すべき乗り替りの見極め

過去のレースの分析、消せる馬とねらい目の判断基準
レース展開の読み方と注目するポイント

以上のような内容で競馬に必要な分析ポイントを解説しています。

ひとつひとつは難しいものではありません。
例などを出しながら、分かりやすく説明しています。

これらのファクターをレースごとに選別してき、
対象レースとなるのか、見送るのか、を見極めます。

算出根拠があいまいな○○指数などとは違い、
不変の法則といっても良いと思えることが大部分であり、
競馬予想法としては、王道だと言えます。
posted by 150万9120円にした投資術 at 11:05 | 青森 | うま投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
競馬 たった3日間で6万円を150万9120円にした投資術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。